辛い食べ物の新陳代謝による発汗作用”カプサイシンダイエット”とは?美肌効果もある?

辛い食べ物の美容効果について本で調べる女性

『辛い物がは美容効果が高いんじゃない?』ということについて試行錯誤してみました^^

辛い物は美肌にも効果がある!?

暑い日に、急に辛い物が食べたくなる時がありますよね。

我が家でも夏のカレーや麻婆豆腐は定番です。

辛いものは発汗作用があり、新陳代謝が良くなるので美肌にも効果があると言われています。

さらに、辛い物には食欲を増進させる働きがある為、胃腸の働きが活発になります。

その結果、体内への栄養素の吸収力が高まり無駄なく栄養を取り入れる事が出来るようになります。

ただし、美肌に効果があるからと過剰に辛い物ばかり摂るのは注意が必要です。

舌が麻痺して味覚障害を引き起こす事にもなりかねません。

辛い物が大好きと豪語している人がよくいますが、通常の何十倍もの辛さの物を平気で食べてしまうのはすでに味覚障害の症状が出ているのかも知れません。

辛味成分のカプサイシンの作用は発汗作用を促す!

辛味成分の「カプサイシン」の働きによって、辛い物を食べた後には発汗しその後涼しさを得る事が出来ます。

また、「カプサイシン」には「脳内麻薬」を作り出す働きがあり、脳が感じている「暑い」という感覚を麻痺させる作用があります。

この二つの作用により「暑い日に辛い物が食べたくなる」という感覚になるのです。

また、我が家でもよく作る「カレー」ですが、様々なスパイスが使われていて、さらに野菜や肉もバランス良く入っているので手軽に「涼」を感じる事が出来て尚且つ栄養も摂れるので夏に最適な食べ物と言っても良いでしょう。

近年話題になっている「カプサイシンダイエット」ですが、カプサイシンの効果による発汗作用や新陳代謝UPの影響で、脂肪燃焼が促進されるという考えのダイエット方法です。

カプサイシンダイエットの効果的なやり方とは?

「カプサイシン」が多く含まれる唐辛子だけを大量に食べたからと言ってダイエットが出来るという事ではなく、「カプサイシン」摂取後に適度な運動を合わせて行う事でより多くの発汗を促し、脂肪燃焼をさせる事が出来るのです。

「カプサイシン」を摂ると有酸素運動と同じくらいの発汗作用があると言われているので、さらに実際に有酸酸素運動を取り入れる事によって効率的なダイエットが出来るという事なのです。

辛い食べ物は良いことだらけ?でもない?(まとめ)

夏に辛い物が食べたく理由としては、脳内麻痺によって「涼」を感じ易くなる事と、暑くて食欲が無くても食欲増進の働きがあるので無理なく食べる事が出来るという事が挙げられます。

さらに、辛い物を食べた後に20分程度の有酸素運動をする事によってダイエット効果も得られるのですから、辛い物は美味しく食べられてダイエットも出来る一石二鳥の食べ物と言えるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする